Top

読んでもためにならない  個人的な話
by ninemonsters
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ:どうでもいい話( 39 )
明日は輝くぞ
どーも久方ぶりです。

って言ってもどれだけの人が見てるのか。
希少なそこなアナタありがとう。

さて、近頃の僕はというと
修論との格闘に明け暮れる日々です。
まずテーマと闘い、
っていうか若干まだその闘いですけど。
卒論で同じように苦しんだのに
なんとも学習しないものだなーと
感心しちゃってますよ。

とりあえず、修論に取り組む姿勢は
なんとか整いつつあります。
あくまで卒業へのワークとしてやれば
精神的には耐えられそうかなと。
一時期は想いをぶつけようとしてましたが
断念しました。

想いと研究は遠いもんです。
修士として恥ぬよう頑張ります。

これが最近の日常。

就職先はまだ未定です。
こっちは逆に想いが重要で
使分けが難しいのなんのって。
地元企業はやっと募集が始まったので
なんとか食らい付いて行きたいと思ってます。

以上近況を報告まで。
ちなみにタイトルは最近の流行です。
所謂アニソンです。
[PR]
by ninemonsters | 2007-06-19 01:32 | どうでもいい話
なんでもないぜ
そう思う出来事が起きたのに
なんで落ち着かないんだろうか。

落ち着かなくて
なんか人恋しくて
ふと友達に電話してみたり。

あぁ、なんでもないぜの正体が
こんなに落ち着かなくさせるとは。


なんでもなくないぜ。


バーボン片手に明日のバイトに備える俺。
なんか惨めな俺。
[PR]
by ninemonsters | 2007-02-04 01:46 | どうでもいい話
抑制型
今日は授業の中で
中国のデザイン現場の話を聞いた。
さかんに言われているように
中国はまさに伸び盛りであり
デザインの現場にいるのは
僕とほとんど歳が変わらない人達である。

もはや今、日本は通過地点としても見られていない。

こういう話に弱いんだよなー。
なんていうか負けん気が強いっていうか。

自分としてはマイペースな就職して
マイペースに成長しようかなー
と漠然と考えてたけど、
そんなこと言われると
中国人に負けてられっかって火が付いてしまう。

別に経済がどうのこうのとかはよくわからないし
言ってしまえばどうでもいい。
ただ負けたくないと思う。

でも今の自分にはなーんにもない。
スキルもない。
経験もない。
才能はもっと怪しい。
ホントに"NAI"だ。

だから今はしっぽりと
自分ができそうなことからやろうと思う。
この先何かのタイミングがあるのかないのか
全くわからないけど
だから人生は面白いのだ。

とウチの爺さんは言うだろうな。
まぁまさにその通りなんだけど。

そんなわけで
今の自分は前向きな抑制型人間だ。
[PR]
by ninemonsters | 2006-11-22 19:25 | どうでもいい話
振り返ると
今日は誕生日だ。
素直に嬉しい。
そこでこれまでのことを振り返って
書きたいことがあったので
今日はサザエさんを見習って2本立て。

「客観視すること」

よく教授だったり偉い人だったりが
自分を客観視することの重要性を語る。
でも僕はそれは違うと思うんだ。

確かに仕事の場面だったりでは
それに近い意味のことは重要だと思う。
独りよがりになってしまうことを回避できるし
物事をスムーズに進められる。
でもこれを客観視と呼ぶのがどうかということだ。
クレバーであればいいことであって
自分の客観視とは少し違う気がする。

では逆に客観視するとどうなのか。
このBlogは僕の主観で書かれている。
しかし、書くとこはほとんどが客観的に観察したことだ。
最近恐いとよく思う。
客観的に見れば見るほど
あるはずの主観が見当たらない。

しかし悪いことばかりではない。
客観的立場から眺めることで
新たな発見もある。
知らなかった一面も見える。
ただ目的ありきだと言いたい。

目的もなく客観視を続けるとどうなるか。
意識の離脱。
それも限りなく不可逆だと思う。
自分は何をしたいのか、
そもそも何を望んでいたのか、
自分って何。
そこには寸分の整合性も見つからず
激しく苦しくなるかもしれない。

客観視することはコトだけでいい。
自分にその目を向けなくていいと思う。
うまくいけば近道が見つかるかもしれないが
別に遠回りで構わないだろう。
情熱を持ち合わせているなら
そんな小細工は必要ないと僕は思う。
その情熱を見つけるほうが
難しいに決まってるから。

と苦しくなったので書いてみた。


「死」

始めに。
何度も言うように僕は死ぬのが恐い。
無であることが想像できないから。
生きてる今、頭の中を無にすることは不可能だ。
死んだフリをしてみても何か考えてる。
眠ってる時でさえ、この頭は働いているんだ。

考えてもわからないこと、だから恐い。

もっとやんちゃだった頃は
俺は長生きなんかしなくていいし、
とかちょっとROCKでかっこいいとか思って言ってた。
今は早死にしたくない、と
弱弱しく死に抗っている。
歳をとったからかもしれない。
ジリジリと死は近づいているに違いないから。

しかし、あくまで予感ではあるが
僕は長生きができない気がする。
なぜかそう思う。
死ぬことを受け入れようと努力しだしてから。
もしかするとそう諦めて
自分を楽にしようとしてるだけかもしれない。

前にも書いたように
生と死はやはり対であり
抗うこと自体馬鹿げてるんだろう。
いつかはやってくる死を
どう扱うか、それがわからなくて
そしてやはり恐い。

生きた代償なのか。
こうマイナスに捉えることが正しいのか。
ここから先は宗教の世界だ。
やめよう。

肉体が死ぬことで
いわゆる主観としての存在は消えるだろう。
完全な無になるのか
はたまた科学では証明できない世界に行くのか
それはわからない。
まぁ今の状態とは違うとだけ言える。
ただこの世での存在は別だ。
主観が消えた瞬間から
少しの間は自分の分身として存在だけが残るだろう。

人の心に存在として残ること、
これを大事に思うかはその人の判断だ。
子孫を多く残すのも
歴史に名を刻むのも有効だ。

僕はどうだろうか。
あまり重要視しないかもしれない。
この体とこの心で、
友達ともっと遊びたい、
もっと親孝行したい、
素敵なパートナーと過ごしたい。
感じたいことは山のようにある。
だから恐いんだろうと思う。
もっともっと、だから。

この欲を全て満たしたら
その先が見えるんだろうか。
恐くないと思えるんだろうか。
全くわからない。

と23年目の課題を振り返った。
[PR]
by ninemonsters | 2006-10-09 03:08 | どうでもいい話
第1歩
今日は入学式。
きっと自分の中であまり重要度が高くなかったんでしょう。

寝坊しました。

起きたら始まって1時間過ぎてたー。
これって踏み外した?

なぁなぁな感じです。
ダメだと思います。
反省。
[PR]
by ninemonsters | 2006-04-10 12:20 | どうでもいい話
なぜだー。
この前屋久島行ったんです。
そのときからずっと疑問に思うことが…。

なんでc.w.ニコルは屋久島に住まないのか。

深まる疑問。

屋久島の森は遺産級なのに。

やっぱウェールズ生まれだと
暑いのがダメとか?

あぁマジどうでもいいのに。
寝て起きたら卒業式なのに
非常に頭から離れない。

悩ましいな、この夜は。
[PR]
by ninemonsters | 2006-03-27 02:42 | どうでもいい話
目標
人生の目標は?
なかなか難しい問いです。
正直「これだ!」というのは
自分でもよくわからないです。

生きてれば色々と条件も変わってくるわけで
常に動く中で目標を明確に提示していける人は
ホントに一握りではないかと思います。

その一握りになるに越したことはないんですけど
なかなかなぁ、と思ってテレビをこの前見てました。

この前といいつつ結構前なんですが
なにやら有名な演出家が亡くなったとか。
お昼のワイドショーはその話で持ちきりで
自分はこういうのあんまり好きじゃないんです。
お通夜に来た芸能人を捕まえて
涙を流しながら思い出を語るってのが。
別にそれテレビで流さなくてもいいじゃないですか。

でもその中でひとつだけすごく印象に残ったことがありまして。

樹木希林さんがインタビューにこう答えてました。
「わたしはあんなに上手に死ねないな」と。

自分が死ぬ時のことはたまに考えます。
でもどう死にたいかって考えたことないです。
末期の癌ってわかったらガソリンスタンドに突っ込んで
爆死してやる、くらいしか考えたことなかったです。

大きな意味で死ぬことは
人生のゴールです。
終わりよければすべてよし、
死ぬ時にはよかったと思える人生にしたいと思います。
どうしたらそう思えるか、
その答えを目標として構えたいなっていう話でした。
[PR]
by ninemonsters | 2006-03-22 23:48 | どうでもいい話
読書の春
普通は秋ですが
僕の場合は物思いにふけりまくるこの時期こそが
もっとも読書を欲するんですよ。
でも実用書は別として。

色々自分なりに考えて
もー考えられんと思った時に
本に手を伸ばします。

この時期のために
一年間本を買いだめしてると言ってもいいかも。

古本の山にやっと登頂成功し
昔読んだ本を読み返したりもします。

この前ここで「存在」というタイトルで文章したんですが
村上龍も同じことを本の中で書いてました。

僕自身、考え抜いたことだと思ってたんですが
実はこれに収束したにすぎないのか
とか思ったりすることが多々あります。

でもそのことに対する意見はまた別で
それが面白かったりもします。

読書自体、そんなに好きなわけではないです。

ただ助けてくれる存在。
困ったときの救世主ですね。
[PR]
by ninemonsters | 2006-03-19 16:28 | どうでもいい話
またかよ!
またPC再インストールしましたー。
これって実は故障なのか?
あわあわ。

再インストールしながら
自分の頭もそうできたらいいのに、
と切実に思ったりしました。

ゴミ箱くらい欲しいね。
[PR]
by ninemonsters | 2006-03-07 04:39 | どうでもいい話
まいっちんぐ
今一番ヤなこと。

卒論が 終わったあとの 明日のゼミ

文才ないな~。

明日のゼミで発表用のパワポ見せんといかんのやけど
なーんも進んでない。
というか何をどう変えたらいいか
策が思いつかない。

図をもっと増やして
エモーショナルに伝えたほうがいい、
との助言を頂きましたが
俺の卒研、図がねぇ。

グラフ、数値、大量の文章、
さぁどうやったらエモーショナルになる。

というか俺にエモーションがあるのかw

なんて感じで研究室に引きこもり中。
[PR]
by ninemonsters | 2006-02-07 17:58 | どうでもいい話