Top

読んでもためにならない  個人的な話
by ninemonsters
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ:大事だと思う話( 6 )
行くか、ゾノ。
みたいなノリで就活やります、僕。

この2年ほどあぁでもないこうでもないと悩んで
結局、ズバァーンとストライクな答えはなかったもんで。

やらなきゃわからないことは
やらなきゃわからないと。

当たり前ですけど、悩むのが人だなーと感心しちゃったり。

簡単な結論からすると
まず地元に帰ります、80%くらいの率で。
そこから予想されることは

・会社どこも小さい
・給料は少ない
・無駄に仕事量が多い(分担なんてたぶんないから)
・出世しても底がしれてる

うわーマイナス査定だらけ、と嘆いてもしょうがない。
俺が会社をでかくするくらいの勢いで
当たって散ってみるのも楽しいのではないか。
散ったら散ってから考えよう。

他人をいじめるのはかっこわるいが
自分をいじめるのはいいだろ?ゾノ。
[PR]
by ninemonsters | 2007-02-01 02:59 | 大事だと思う話
ニュース見て
福知山線の事故のニュースをみた。
事故被害者の同居人だった人が自殺したらしい。

こんなことを書くのはいけないと思うが
感じたことを素直に書きたいので書く。

羨ましい。
もちろんそれは自殺することではない。
さっき友達に電話したら
この前のこのBlogの記事を読んだらしく
病んでない?って言われた。
だからこんなこと書いたらまた心配させるかもしれないが。

羨ましいのはその想いがだ。
一緒に生きる人がいなくなった、
苦しい、死んだ方がいい。
そこまで僕は想えないだろうから。
苦しいから死ぬっていうのは
僕はよくないと思うし
賛否両論あると思う。
その人の気持ちもわからないわけで。

ただ、そこまで苦しむほど
誰かに頼ったり、依存できるのは
純朴っていうか、
なかなか難しいと思うわけだ。
自分からも相手からも逃げないで
向き合わないとそこまではいけない。
そして、僕にはまだそれができない。

だからこのニュースを見て
溜息が漏れた。
[PR]
by ninemonsters | 2006-10-15 23:07 | 大事だと思う話
爺からの手紙
昔からウチのじいちゃんは
誕生日だとか年賀状だとか
ちょっと難しい話を書いてくる。
はっきり言って意味がわからんわけで。

すごい抽象的なことが多い。
理念というか心構えというか
要するに何かしらのアドバイスではある。

それを久しぶりに読み返してみたところ
目から鱗状態。
自称ポジティブシンキングなんだが
たまに精神的な弱さが見え隠れ。
それを助けてくれそうである。

たまにこういうふうに
年上の人の考えを知ると
自分の現在位置がわかったような気がする。
まぁ要するにひよっこなわけだ。

人は生きてる限り
相当な変人、または天才でもないなら
同じようなことで悩み、考えている。
先人の言葉だったり
ウチのじいちゃんの話だったり
それに助けられることがその証拠だろうと思う。

年寄りを軽視する人が多いと言われるが
その原因としては考えない人間の増加だと思う。
生きることに悩みがないのも問題だということだ。
あとは、単にコミュニケーションがとれていないか
周りに頑固なジジイとババアしかいないという奇怪なパターンか。

僕は普段は
高齢化死ね、とか野蛮な発言をしてますが
年寄りは好きです。
話をすれば親身に聞いてくれるし
その返答がまた面白い。
同世代と話すのとはまた違った感じで。
そんなわけで僕は昔から
子供の面をつけた年寄りと
親から言われ続けてはや23年弱。
倍生きれば親の年を抜くと思うと
ジジイになる日もそう遠くないなー、
とふと思った。
[PR]
by ninemonsters | 2006-09-22 23:44 | 大事だと思う話
丘へ登る
もう考えないと言ったのに。
休みを利用して想いにふけってた。

生きていくこと。
人間社会の中で職につき
食べていくために働き
果てには死んでいくこと。

そこに何か意味があるのだろうか。

僕は皆が言うところの
世の中の役に立ちたいとはあまり思わない。
むしろヒトが、社会が好きじゃない。
貧困はなくせないし
戦争だって絶えることがない。
誰も救えないし
誰も救おうとしない。
言葉と想いが先行する。

そこに意味を見出せと言われても
見出したくないのが本音。

お金という価値を基盤にした
人間だけの閉ざされたコミュニティ。
その中で歯車として自分を消費することに
どう折り合いをつけたらいいのか。
社会に出るということの難しさ、
というよりは自分との葛藤。

人間は減るもんだ。
人生は時間と共に減るもんだ。
だからただ歯車として
淡々と消費されることは恐い。
せめて消費された先に
給与以外の何かを見たい。
お金が全てとかはナシ。

お金というのは
人間社会に生まれたからには
ないと困る道具の一つ。
なくても暮らすこと、もとい生きることはできるかもしれない。
でもそれじゃ嫌なんだ。
今まで積み重ねてきた文化に同一化することで
人って喜べるから。

だからってそれだけが生きることじゃない。
そんなの馬鹿げてる。
楽しくても悲しくても
泣いてもわめいても
お金があろうがなかろうが
一世紀も経てば存在もなくなる。
世界中に60億人もいるんだし
自分一人いないからって社会がなくなるわけでもない。
自分は端から社会にとって絶対的じゃない。

でも僕個人から見れば自分だけが絶対。
生きている感覚と感じたこと、
それだけが世界の中で唯一絶対。
退廃的だとか後ろ向きだとか言っても
人なんてこれ以上でもこれ以下でもない。

だから思う。
僕は何がしたいかわからないんじゃなくて
何を感じたいかわからなかったんだ。
社会に出た先で何を見て
どんなことを感じたいのか。
前よりも答えは容易い。
要は生きる価値は自分にあって
求めるものじゃなく見つけるものなんだ。

自分で言うのもおかしいけど
前より僕は強いと思う。
足りないと思っていたものは
実は持ってたのに使い方を知らなかっただけだった。
それがわかった今は自分に言い訳ができない、
でもスタートラインに立てた気がする。
失敗を素直に自分の力不足と捉えられるし
それを責めることなく次へと考えられると確信できる。

余裕だ。

これだけ登って手にした褒美を
どこかへ忘れないように
ここにメモとして残した。

最後に。
文章、というか言葉は難しい。
一つの単語をとっても
意味は同じでもニュアンスが違いそうで。
感じたことを正確に伝えることが
絶望的に感じた。
まぁただ書くのが下手なのかもしれない。
文章全体でそのニュアンスを出す小説家って
やっぱりすごいなと思う。
僕はまだ自分へのメモで精一杯。
[PR]
by ninemonsters | 2006-08-16 05:56 | 大事だと思う話
自分に問う
僕は何がしたいんだろう。
今まで散々幸せって何だろうって考えてきたけど
答えなんて見つかってない。
そもそも考えることから幸せが生み出せるなら
世の中の人大半は容易に幸せになれるはずだ。
そう、だから考えるのはやめた。
ここまでは前に書いた。

前に僕の偉大な友人は
「死ぬ時に今まで幸せを追求してきて
   それこそが幸せだったと思うからくりかもね」
と言ってたっけ。
ホントにそうかもしれないと思う。
だからそうしたいとも思う。

でもなぜかがむしゃらになれない。
追うべきゴールを見定める時点で
どうしても足踏みしてしまう自分に苛立ったり
どうしようもねぇなと倒れたりもする。

やっぱり足りてない。
やる気でも技術でも知識でもなく

勇気が足りてない。

そう思うのに
何に対して畏怖しているのか
まだ見えてこない。
きっと昔からこうだったと思う。
決断すべきことが多い今の時期に
やっと気付いたってだけで。

これは他の人も同じかもしれないし
もしかしたら僕だけなのかもしれないけど
そんなことは問題じゃない。
明らかに僕には壁であることには間違いない。

それを上手く言葉にする術もしらないし
自分自身明確に把握できてないから
誰かに「どうだろう?」なんて聞けない。

延々と続く思考と葛藤のループかもしれない。
サイを振って人生決めてしまっても
それはそれで楽しめると思う。
どうにか一歩を、踏み出したい。

自分をどう料理してくれようか。
[PR]
by ninemonsters | 2006-06-08 00:43 | 大事だと思う話
静かに抗うこと
全ての人の疑問。
生きる理由。
そんなこと、僕にはわからない。
でも生きているからしていることは
なんとなくわかってきたような気がする。

「自分が求める本物を探すこと」

生きている間にどれだけの選択をするだろうか。
数えられないし数えたくもない。それくらいだ。

その多くの選択を
どのようにこなしてきたか、一つ一つ覚えているだろうか?
僕を含め覚えているはずがないと思う。
では何故今に至る選択をしてきたのか。

言葉にすれば色々あるかもしれないが
ここではそれを信念という言葉で表現しよう。

そう、なにかしらの信念があったはずである。
こう想うからこうする、
意識的でも無意識的でもこの選択を絶対にする。

そうするうちに自らそれが自分の想いであり
信念であると感じ始めるのだろう。

しかしおそらくそんなものは存在しないのである。
自分がそう思い込んでいるにすぎない幻想のようなものである。
そんなとこはないと思う人も少なくはないと思うから言うけど
じゃあ何故後悔という言葉が存在するのか。

確固たる信念であるのならば
自分が決めた通りに行動すれば
後悔なんて言葉は使う機会すらないだろう。

僕は知らず知らずのうちに
自分のことを知った気になってしまう。
そうすることによってあらゆることに盲目になり
失敗し後悔する。

だから。
もう考えない。
思うがままにやるしかない。
そうしないとどれが自分の意思なのか見失って
自分のことを客観的に見れなくなってしまう。

話は変わるがこの数年、
新しく熱中できることを見つけられていない。
僕は考える人間になってしまったんだ。
まずは頭で。
損得や価値、信念や憧れ、
それを感じるのではなく判断していた気がする。
体験をしていたに過ぎず
体感できていなかった。

やはりその時に感じなければならないと
しみじみ思う。
理解して知識にするより
感じて残すことが大事だと。

僕はそうやって自分にとっての本物を見つけたい。
それは一つのことということではなく
全てのことに関して。
そうすることの過程で
やっと自分が見えてくるんだろうと思う。

それを昔は知らないうちにしていた。
あたり構わず好きなことを、興味を持ったことをしていた。
考えてばかりいたこの数年
逆に自分からみれば馬鹿になっていた。

話をぶり返すようだが
前の彼女と付き合ってよかったと思っている。
というのも、久しぶり
忘れていたなにかがかえってきたから。
そのリバウンドで別れてからは辛かった。
なんでだろうって何回も考えた。

でも今はというと
それはきっと必然的な結果だったんだと
半分は諦めることができる。

彼女にとって僕は本物ではなかった。
だからそうなった。
それ以上に
この2ヶ月ほどですっかり冷めている自分にとっても
本物ではなかったんだということが。
それがなによりの結果だ。

だから自分の目標にしても
男女の仲にしても
そのほか様々なことにも
もっともっと。そう、もっと。
[PR]
by ninemonsters | 2006-05-16 03:29 | 大事だと思う話