Top

読んでもためにならない  個人的な話
by ninemonsters
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
<   2005年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧
心変わりはなんとやら
最近の不毛な日々に決着をつけるべく
Blogの雰囲気でも変えてみた。

この何年か黒×タンっていう配色が
どことなく好きで。
でも暗い雰囲気は相変わらずで。
やっぱ根暗なんかなー。

そこで友達のHPで占いが紹介されてたからやってみた。
結果はまぁ当たってるっちゃ当たってるかな。
自分のことがまだよくわからんから
答え合わせのしようがないのよ。

もし暇だったらやってみちゃえばいい。
近からず遠からず。
もし思い当たる節があったら
これを機に直せばいいし。

ではどうぞ。
[PR]
by ninemonsters | 2005-05-28 22:20 | どうでもいい話
咲かせましょう、自己犠牲の花
イラクで人質となっていた斉藤さんが
亡くなったという映像が公開された。

なんでこんなことが起きるんやろう。

アンサール・スンナ軍にとっては
こういうことをやるまでに
何かしら考えがあるんだろう。
それは平和な国で育った人にとっては
理解しがたいもので
怒り、悲しみ以外に感じられないことだ。
それは僕も含めて。
マジ頭おかしいんじゃねぇの
って、そんだけで済ましちゃうかもしれん。

実際の話、60億分の1である自分たちに
こういう問題を解決するだけの力もない。
じゃあ60億人全員が世界平和を望んだら?
そりゃHAPPYだ。

でもそんなの無理に決まってる。
なにせ人間には他の動物にはないものがある。
過剰な欲だ。
毎日何不自由なく生活できてても
もっと、もっと上がある
もっと儲かる、もっと力を持てる、もっと支配できる。
この「もっと」が一番厄介な気がする。

動物にはこれがない。
ライオンだって腹いっぱいの時は
近くに獲物がいようが見向きもしない。
でも動物は弱者を助けない。

人間はその点、勝っていると思う。
助け合って生きる手段を知っている。
長い目で見るってことを知っている。

しかし、それも段々となくしつつあるんじゃないだろうか。
イジメがあってようが知らんぷり。
路上で誰かが殴られてようが知ったこっちゃない。
ましてや、遠いどっかの国で誰かが死んでも
その生死にすら無関心。
自分には関係ないさってね。

確かに関係はない。自分ではない。
でもそのことについて少しでも考えるって行為を
みんながやればそれを正すだけの力になるんじゃないかな?

昔学校の先生がよく言ってたなー。
全員が同じ意識を持てばって言葉。
あれは学校っていう小さなグループの話やけど
それはどんなグループでも
どんな問題でも有効なことだと思う。

今の時代、脱個性だのなんだの言ってるけど
こういうことは人の未来を決める
大事な決まり事なんじゃないだろうか。

利己的なことは悪いことじゃない。
そのおかげで文明は進歩したんやし。
でも過度な利己主義は
犯罪を生み、テロを起こし、独裁者を生み、戦争を起こす。

人の間違った行為を正せるのは
人の力に他ならない。
しかし、どっかの国みたいに
間違いを間違いで誤魔化してもしょうがない。
常に全員で監視し、一人一人が意見を持つことが重要。

僕はまだ弱い人間だ。
きっとイジメがあってても口を出せないタイプの人間だ。
(もっとも大学になってまでイジメはないが)
そういう自分を変えたいと思い
しっかりした意見を持つために
なにかとよく考えるようにしてる。
間違ってることには間違ってると言える
まずはそこから始めたい。
何も言わないと自分が間違ってるかもわからないから。
[PR]
by ninemonsters | 2005-05-28 17:11 | 気になる話
津波を突き破れ
楽しく生きるために一番大切なことは
積極性である気がしてならない。
楽しくっていうのは長い目で見て。

やっぱ経験っていうのは
ないよりあるほうがいい。

それがその時には恥と感じてでも
今はなにか経験したい。

今経験っていう言葉に
とてつもなく惹かれる。

足りてない自分が情けなく
なにより頼りない。

その前にノリでやっちゃう勇気が欲しい。

それならなんでもかんでも
「あっ、俺やります」
って言っちゃうか?

自分の限界も知りたいなー。
過労死できるだけのバイタリティあるかな。
ないだろうなー。

昔から面倒を避けてきたツケが
今津波になって押し寄せてきたらしい。
水浸しの世界にプカプカ浮いてるような
生活送ってしまっとる。
まずはリハビリとして
水をバケツで外に必死でかき出すかな。
[PR]
by ninemonsters | 2005-05-25 22:55 | どうでもいい話
ネットって
ネットの中毒率って
コーヒーより強いらしいねー。

まさに今中毒まっさかりだな。
ほぼ一日中パソコンの前におる。
課題ちょっとやっちゃネット、またちょっとやっちゃネット。
実際見たいもんが特別にあるわけじゃないのに。
なーんで見ちゃうかな。
これも一種の現代病だな。

しかもネット世界には
無駄な情報がありすぎる。
無駄に時間使って無駄な知識しか
得られなかった日にゃもう・・・
今必要なことを忘れてまで
本当かもわからん情報を頭に詰め込んでるような
気がして不安になる。
正か否かを情報につけるには
自分にはまだ経験・知識が少なすぎる。

それなら見なきゃいいのに
と思いながらも見てしまう。
addicted to you
君の存在は罪だなー。
[PR]
by ninemonsters | 2005-05-22 22:31 | どうでもいい話
まだこっちのほうが
最近ルパン三世ブームが
自分の中で巻き起こっとる。
いやー、あんなに自由に生きれたら
そりゃもう楽しいやろうなー。
カッコいいサル顔男だ。

この頃ニュースで
監禁してたってのが二件くらいあったな。
ゲームやらアニメやらを具現化してしまうって
普通に考えるとありえんぞ。
そんなことやっちゃうくらいなんやけん
頭の中が普通ではないっちゃろうけどさ。

でもさ、どうせおかしなことやるなら
ルパンに憧れて強盗やっちゃったよー
とかのほうが同じ犯罪でも
まだなんとなくハッピーな気がする。

確かにルパンみたいにちょこまか動いたり
手錠すり抜けたりはできんけど。
監禁するとかマジでリアル犯罪で気持ち悪い。
人間も一動物って感じでなお気持ち悪い。
[PR]
by ninemonsters | 2005-05-18 15:59 | どうでもいい話
夢って
自分の夢ってなんだったっけってふと思った。
でもきっと忘れてしまうくらいなら
たいして実現しようとも思わなかったんやろ。

ちっちゃい頃からの夢に邁進できる人って
素直に羨ましい。パワーあるなーって思う。
きっといい意味でバカなんだろう。
ちょっと小難しく考えちゃう人は
夢を追うっていう作業に不向きな気がする。
1回始めたらやり尽くすまでそれしか見えない
っていうような人が羨ましい。

自分は色々目について
色々手出してしまう方だ。
なんか半端だ。
何一つすごくない自分がお恥ずかしい限りです。

年を取るにつれて夢とかからはきっと遠ざかる。
でも年取るのは嫌いじゃない。むしろ好き。
YOSHII LOVINSONの歌詞に
「喜怒哀楽の絵具を幾重に重ねて僕も大人になった」
ってのがある。
きっとすぐには見えないし実感もないやろうけど
自分も年を取りながらも’何か’を重ねていっとるはず。
そんな風に思うと
自分で自分の成長が楽しみにもなる。
どんなジジィになるんやろみたいな。
でも生きとかんと何もならんな。
とか早速ジジィの説教みたいなことも思う。
それで禁煙も思い立ったんやけど・・・
まだしきれてない。ジジィへの道が薄らぐ。

夢に向かって何かしてる人。
頑張ってください。
[PR]
by ninemonsters | 2005-05-15 08:48 | 気になる話
ヤバいよヤバいよ
またやってしまう。
ついうっかりオークション入札しちゃいました系。

おぁぁ。
金ないのになー。
ほとんどその値段じゃ落とす気なかったのになー。
誰か高額入札してくれー。
[PR]
by ninemonsters | 2005-05-14 10:51 | どうでもいい話
マジかよ
今YAHOOのnews見たんやけど
長崎の職安がイラクでの土木派遣員を
募集してたらしい。

あっ、自分は実家が長崎で
就職は地元でしたい派。

そんなに仕事ないんかい!
と、ちょっとしょんぼりした。
[PR]
by ninemonsters | 2005-05-12 09:03 | かなしい話
進化と退化
去年から気になることがある。

自分は、声を大にしては言えないが
一応デザインっていうものに関わる学校にいる。
課題も様々な形式をとるけど、~デザインっていうのが多い。
そういう課題をやるうちに気になりだしたこと。

それはデザインにおける時代の方向性を与えてるのは
一体誰(何)なのか。

最初は、新しい何かをデザイナーが提案して
それにユーザーが賛同すると思ってた。
でも、新しい何かを提案するために
まずは調査をする場合もあり、それが有効だとも知る。
そうするとやっぱユーザーが基本か?と思う。

そうするとなんかあんまり前に進まない気がするのは気のせいか。
確かに改良に改良を重ねてどんどんいいものにはなると思う。
前より便利だ、前より使いやすい、前よりかっこいい。
地味だけど1歩前進。

ではもし、あるデザイナーが今まで誰も思いつかなかったような
車を描いたとしよう。
プレゼン能力も高く、じゃあ開発しようとなったとする。
でも販売すると売れなかった。
こういうケースは今までにいくらでもある。

バックトゥザフューチャーにデロリアンという車が出てくる。
この車は代表例の一つだ。
カーデザインの歴史上最大の失敗とも言われる。
それがDMC(会社)の最初で最後の車になった。
まぁ会社潰せば最大の失敗やろう。
この車が売れなかったのは
時代を先取りしすぎたからだと言われている。
買う側がついていけなかったからだと。

今現在、デロリアンを昔の車として見ても
私見が大きいかもしれないが
会社を潰してしまうほどひどい車じゃないと思う。
リアのデザインなんてキマリすぎたくらいカッコいい。

ユーザーがついてこれない。
これはなぜ起こるのか?
一つ思うのは'突拍子もない'というのはタブーである。

人々がモノを評価するという行為の過程には
どこかで信用のようなものが必ずあると思う。
信用というのはなにかしらの物語だ。
その製品を目にするということをゴールにすると
物語というトラックを回ってからというわけだ。

この物語っていうのは
規模としては様々だと思う。
故意に作り出した物語でいうと
商品のプロモーションとか。
やるとやらないではかなり違うだろう。
前は売るためだけって捉えてたけど
もしかしたらそういう意味もあるんじゃないかと思いだした。
これは売るための基礎作りみたいなもんだ。

もっと大きい規模のものでいうと
車が流線型になったのとか。
初めは空力が必要なモータースポーツから誕生した。
それ以前(相当昔だが)はホントに箱だ。
モータースポーツ=速いというイメージ、物語が
人々を熱狂させた。
それがいつのまにか当たり前になり
一般乗用車に用いてもおかしくなくなった。
むしろ今では超箱型のBbやCUBEが新しいものと考えられる。
そりゃ細かい部分は現代風やけど。
(ん、この現代風はどうやって作り出されてきたんだ?謎)

そう考えると
デザイナーだって人の子。
未来からやって来ました未来人ですってわけない。
デザイナー自身もこの大きい規模の物語の影響を
受けつつ生まれてから育ってきたわけだ。
生まれる前のものを見て感銘を受けるかもしれない。
そしたらその要素を生かしたものを現代に作ることもある。
昔のモノを無視して新しいモノはできない。
進化と退化は紙一重。
自分的に名言。

じゃあ結局誰が方向性を持たせているのか。
それはわからない。
丸投げして言ってしまえば歴史が(笑)
としか言いようがない。

やっぱり頭で整理できてないことは
文章にしても整理できんな。
また後で自分で読んだ時に
イヤこうじゃないって思うかもしれんし。
でも思考するのはタダでできる最大の暇つぶし。
以上一人で朝まで討論会でしたー。
[PR]
by ninemonsters | 2005-05-10 02:15 | 気になる話
楽し気持ち悪い
昨日夕方寝ちゃって
今全く眠くない。

なんか暇つぶせるものを物色してると
小学生の頃のサッカー部の合宿のビデオ発見。

いやぁ、10年前の自分たち。
なんとも言えん懐かしさ。
声変わりもしてないけん、声じゃ誰かわからん。
みんな年とったなぁ。
顧問兼コーチの先生元気かなー。
ドライブシュート打てる先生やったんです。
でも小学生用の4号ボールでやけども。
子供はそれでも憧れる。

ビデオの中には今Jリーガーの人も映っとったー。
この頃は一緒にサッカーやってたのに。
俺も頑張ればなれたのでは・・・なんては思わん。

でもとにかく懐かしくて楽しかった。
やっぱり動く画で残ってるっていいね。
でもきっと映像で残すと
楽しいこともあれば辛いこともでてくるんやろうな。
まぁ今のところそういうことはないけど。

それにしても気持ち悪い。なぜか?
小学生がビデオカメラ見れば飛びつく。
そして俺にも撮らせてと言う。
その後は、よく言えば空中散歩
悪く言えばジャイアントスウィングみたいな映像が。
テレビ見てて酔ったの初めて。
真剣に気持ち悪い。
[PR]
by ninemonsters | 2005-05-08 05:05 | どうでもいい話