Top

読んでもためにならない  個人的な話
by ninemonsters
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
<   2006年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
生きる屍
今テレビでヤンバルクイナの保護についての
特集を観てました。

なんでもマングースの増殖によって
ヤンバルクイナが絶滅の危機だとか。
それを地元の人たちが
どうにか食い止めようと
様々な努力をしているという内容でした。

一見素晴らしいことだと感じますが
もともとマングースはハブ対策として
人の手によって沖縄などに持ち込まれました。

ブラックバスの時も思ったんですが
人であることが恥ずかしいです。
エゴの塊でしかないじゃないですか。

自分たちがいいようにしか
物事を解釈しようとしない。
さっきのテレビなんて腹がたってしょうがないですよ。
あたかもヤンバルクイナを救ってやってる、
そんな言い様でしたから。

人にとって危険な存在であるハブを
どうにかするというのは
人間という種族を存続するために
手を打つのはいいと思う。
それは自然の摂理に反してないと思うから。

ただ、今回のことでいうと
マングースを連れてきたために
ヤンバルクイナという生き物に迷惑をかけたわけです。
普通に考えて
もともとないものを環境にいれれば
どっかでバランスが崩れることぐらいわかるじゃないですか。

今日の特集にしろ
あくまで後手になった結果なわけで
未然には防げたことです。

こういう場合に
人っていうのは弱い生き物を
守ってあげれる素晴らしい種族です、
みたいな内容で伝えるのはよくないと思う。

過ちをもっとストレートに訴えるべきです。
反省というのがもっとも考えるべき点で
ヤンバルクイナを救うのはその結果としてだけ
存在するべきです。

動物愛護団体がやかましいのも無理はないなと思いました。
勝手すぎる。
[PR]
by ninemonsters | 2006-07-16 19:22 | かなしい話
"なった"じゃなくて"なる"でお願いします
柄にもなく世の中のことを
真剣に考えてた。

子供を殺す親が多いこと
親を殺す子供が多いこと

この二つの出来事がすごく悲しい。
どちらの気持ちも理解できない。
僕はまだ子供側の人間なので
特に親を殺す気が知れない。

普通に考えて
自分を育ててくれた人を殺そうなんて
思いつくことが恐い。
喧嘩だってするし
口もききたくないと思うこともあるけど
消えてしまうことがもっと恐いから。

必要不可欠な存在。

彼らにとっては不必要な存在。
殺す理由はとても些細なことが多い。
それがまた悲しい。

親と子をこう考えるのはよくないけど
損得という単純な図式で考えると
ガミガミ小言を言われることへの嫌悪感が
親のありがたみに勝るというわけで。
だから殺しちゃう。
嫌だから殺すっていう考え方自体
危険なんだけどましてや親。
反対に親だから殺してしまうのかもしれない。

ここで僕の考えとしては
全て親が悪いと思う。

子供を殺してしまう親は言うまでもない。
ピーピー泣いてうるさいのは子供が悪い、なんて
どう考えてもおかしい。

これは間違いなく親が
まだ子供だから起こること。
親になる時期じゃなく親になる。
これが一番危険なんだと思う。

だから間違ってると思われるかもしれないけど
望まない子は絶対に産まないほうがいい。
仮に結婚してもいい歳だとしても。
自分の子ならかわいいだろうし大丈夫、
というのは楽観すぎると思う。
もちろんそれなら
つくらないのが一番望ましいけど。

ずっと昔は子供は神からの授かりとして
みんなが大事に思う風潮に助けられてたんだと思う。
でも今は違う。今は今だ。
できたら結婚。
そもそもできちゃった結婚とかいう言葉を
誰も臆せず使うことにも疑問がある。

親は叱るべきだと思う。

逆に親を殺してしまう子供がいるのは
こういう親のせいではないだろうか。

今風という言葉に流されすぎてる。
頑固さや厳しさをどこかへ置いてきた親が多すぎる。
僕の親にしてもだ。
友達が学生で子供ができて結婚した時
「あらー、あんたも気をつけなさいよ」
と言って笑ってた。
僕としては人の子だろうが
キレるぐらいの厳しさがあってもいいと思う。
なぜそれがダメなのか
徹底して話すくらいの人の深さが感じられない。
時代の流れだから仕方ないかもね、
なんて親が平気な顔して言ってる。
その悪い流れに当人だって加担してるのに。
そんな親に尊敬なんて言葉、難しい。

親という存在は
子供にとってのバイブルでないといけないと思う。
それを胸に子供が親になるんだから。

話の流れはぐちゃぐちゃだけど
親になるタイミングっていうのは
しっかり見極めないといけないということが言いたかった。
昔だと親になった時には
知らず知らずに親というものを理解してたと思う。
でも今は親から親を学べずっていう状態。
だから何より自分との相談が必要。

相談の結果
僕はまだなれないと思った。

最後に。
僕は今の時代が本当に嫌い。
まだ狭い世界しか知らないけど
世の中が嫌い。
今を大事に、をまるでスローガンにしたかのように
正しいか正しくないかわからないことに
助長するような世の中。
特にテレビなんて最悪だ。
流行に乗ればいい、数字とれればいい、
クソ食らえだ。
だからあんまりテレビは見ない。
そういう意味ではデザインだって大嫌いだ。

素敵なものが色褪せて
流行が素敵なものづらする。

そういう場面に出くわすとたまらない。
ホント、たまらない。
辺りを見回せば
この何十年で全てが急激に変化してるのに
なんでそれを危惧する人が少ないのか。
なんで良し悪しを考えることが後なのか。
たまにだけど
世の中消えればいいと思う。

これって結構危険な感じか。
[PR]
by ninemonsters | 2006-07-06 03:07 | かなしい話